探偵の筆跡鑑定

探偵社や興信所では筆跡鑑定も行っているようです。

筆跡鑑定という言葉はお聞きになったことがある方も多いと思いますが、複数の筆跡を比較検査を行い、その文字を書いた筆者が同一人物によるものかを識別することです。
非常に高い専門性を求められる鑑定ですので、探偵社、興信所に依頼すればどこでも受けてもらえるというものでもありません。
筆跡鑑定を探偵社に依頼する依頼者は様々で、例えば遺言書の筆跡鑑定であれば、その遺言書が全く別人によって書かれたものか本人が書いたものかを調査することで本物の遺言者なのか偽造された遺言書であるかがわかります。
その他にもストーカー事件とも関連しますが家に嫌がらせや意味不明な手紙が届くといった場合の筆跡鑑定、頼んでもいないものが勝手に家に届けられるといったケースでの筆跡鑑定というものもあります。
ちなみに筆跡鑑定は現在の裁判においてドーバート基準というものに則しています。
信頼性評価が高いものは証拠として採用されますし、科学的根拠なしに鑑定者の判定は正しいと主張する鑑定はの証拠価値無しと判断されるのです。
いずれにしても高い専門性が求められるのが筆跡鑑定です。